これで十分。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これで十分。

英語学習と、ミステリと、その他もろもろ。

イギリス留学中デビットカードが超便利だったので全力でオススメしてみる

[Sponsored Link]
 

f:id:sarubobox:20161202200028p:plain

今週のお題その1「VISAデビットをブログで宣伝コンテスト」の応募記事です。

デビットカードの機能説明についてのブログは山ほどあると思うので、私がロンドン留学中にデビットカードを使って便利だったことを中心に書きたいと思います。イギリスでのデビットカード利用がものすごく便利だったため、日本に帰ってきてすぐに三菱東京UFJ銀行(MUFG)のVISA-デビットも作りました。三菱東京UFJのデビットカードの良いところと、MUFGへの個人的な要望も書きたいと思います。

 

私とデビットカードとの出会い

f:id:sarubobox:20161202153833g:plain

初めて「デビットカード」という言葉を聞いたのは確か大学生のころ。ゆうちょ口座の何かの手続きで郵便局を訪れたとき、窓口の局員さんが「J-Debit」の説明をしてくれました。上の「J-Debit」マークのあるお店では、銀行のキャッシュカードで支払いができるのよ!と。当時クレジットカードを持っていなかった私は、「カードで支払いなんて大人っぽい!」とワクワクしました。結局一度も使わなかったけど。当時、デビットカードってそこまで知名度なかったし、レジのバイトの店員さんに「デビットカードで」って言っても分かってもらえないんじゃないか、と不安だったので…

 

【イギリス】デビットカードが超絶便利だった

その後、社会人になってしばらくして、念願のロンドン留学をすることになりました。留学でやっかいなのが、お金の管理をどうするか問題です。いろいろ調べた結果、現地の銀行に口座を開設し、そこに預金しておくのが一番使い勝手が良さげでした。周りの留学生仲間もみんなそうしていましたし。というわけでバークレイズ銀行で口座を開設しました。バークレイズ銀行はイギリスの最大手銀行の一つです。ロンドンに行ったことのある方はこの貸し出し自転車を見たことありませか?

f:id:sarubobox:20161202183033j:plain

(画像引用元:TFL London cycle hire | Minale Tattersfield Design Strategy Group

BARCLAYSのロゴの入った自転車が街のいたるところにあり、なんとなく親近感のわく銀行でした。口座開設時にキャッシュカードにデビットカード機能をつけるか選択できました。本記事最初の写真の左側がバークレイズ銀行のキャッシュカード兼デビットカードです。

以下、ロンドン生活でデビットカードが便利だった点です。

 

(1) カード支払いがめちゃくちゃ普及している

これはデビットカードというよりクレジットカードのことなのですが、とにかくどこでもカードで支払えます。スーパーでの買い物はもちろん、ミニ商店でガム1つでも、パブでビール1杯でも全てカードでOKです。というか、細かい小銭を出されるより、カードの方が店員さんも楽な様子でした。「受け取った小銭を数えて、レジに打ち込み、お釣りを数えて渡す」という動作より、「カード読み取り機を差し出す→客が自分で読み取り機にカードを入れ、暗証番号を入力して決済し、自分でカードを取り出す」という流れの方が、店員さんの作業量は圧倒的に少ないですからね。

カード利用者にとっては、どこでもカードで払えることの利点は、現金を持ち歩かなくていいこと!海外生活していると、やはりスリとか強盗には常に気を配ります。多額の現金なんて、寮の部屋にも置いておきたくない。カードなら現物を盗られてもまだ暗証番号という壁があるし、銀行に電話してカードを無効化してもらうこともできます。現金を持ち歩くよりずっと安心安全です。

 

(2) これぞ真骨頂!スーパーでのキャッシュバック

(1)の理由だけならクレジットカードでも良いのですが、デビットカードの真骨頂はスーパーマーケットでのキャッシュバックです!

スーパーで買い物をして、デビットカードを出すと、「キャッシュバック?」と尋ねられます。それで「じゃあ、20ポンド」とか返事をすると、20ポンド渡されます。最初、これを他のお客さんがやっているのを見たとき、何が起こっているのか分かりませんでした。だって、お金を払う側の客が店員からお金を受け取っているんですよ?!あとで友達に聞いて分かりました。スーパーは「人間ATM」なんだと。

つまり、「買い物の代金」に、「現金で欲しい額」を上乗せしてもらい、デビットカードから引き落とすんです。

「買い物代金10ポンド」+「現金20ポンド」

 →「30ポンドでカード決済」(口座からは30ポンド引き落とされる)

 →「現金20ポンドをもらう」

という感じです。まさに人力のATM。

これがイギリスでは超便利なんですよ。なぜかというと、ATMの数が少ないし、故障も多いから。日本みたいにATMのあるコンビニがそこら中にあるわけではありません。そしてだいたいのATMがこんな感じ。

f:id:sarubobox:20161202203010j:plain

(画像引用元:Daily Mail Online

道路に「むき出しのATM」が一般的なんですよ。お金をおろしている後ろを通行人がバンバン通ってる。…怖いです。本当に。そしてこいつがまたよく故障するんです!最悪なのはカードを飲み込んだまま吐き出さないとか(一度ありました)。

こんなATM事情なので、スーパーでの「人間ATM」は本当に助かりました。

まあ、これはATMがどこにでもある日本では不要かもしれないけど、普及したら意外と便利かもしれませんね。

 

【日本】三菱東京UFJ銀行のデビットカードの良いところ

イギリスでの状況は日本とは随分異なるので、「イギリスで便利だから日本でも便利」とは言い難いです。だけど、「現金に替わる手段」としてデビットカードは魅力的だと思います。手持ちの現金の残高を気にしなくていいし、何より、セブン銀行へのかなりの額のお布施(=ATM手数料)を払わなくて良いし!

以下、私の思うMUFGのデビットカードの利点です。個人的な状況が多分に含まれています。

 

(1) 安定の三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行をメインバンクにしている方、多いのではないでしょうか?私もずーっとお世話になっています。給与振込口座も様々な支払いも全てMUFG。そのような方がデビットカードを作るなら、三菱東京UFJ一択です!

だって、デビットカードって、当たり前ですが、自分の口座の預金をそのまま使うんですからね。一番よく使う口座が一番使いやすいです。実は、R銀行のデビットカードも作って使ってたんです。だけどそちらはデビットカード用に口座を開設したので、まず準備段階として、その口座にいくらかお金を預金をする必要があります。超面倒くさがりの私には、「まず最初にお金を預け入れる」という作業が面倒くさかったんです…R銀行のカードは使わなくなりました…。「お小遣い用」に口座を分ける、ということをシステマティックにできる方は、メインバンク以外の銀行のデビットカードも良いと思います。

 

(2) 安定のVISA

私はクレジットカードはJCBを使っています。常に財布にはJCBのクレカが入っているのですが、先日、国内旅行したときに宿泊した旅館でJCBカード使えない事態にあいました。海外ならまだしも、国内でJCBを使えないことがあるなんて想像もしてませんでした(もちろん、事前に確認していない私が悪いのは重々承知です)。使えるクレカはVISAとMasterのみ。その時は同行者が現金を持っていたので現金で払ったのですが、ヒヤッとしました。あぁ、VISAかMasterも持っておかないと!と思いました。

安定のVISAですね。

 

(3) クレカのような審査がないので誰でも作れる

これはクレジットカードに比べてかなり大きな利点なのではないでしょうか。MUFGのデビットカードは三菱東京UFJ銀行に口座があれば誰でも作れます。今の時代、ネットショッピングでクレジットカードを使うことも多いです。知り合いの子ども(高校生)はクレカ払いしかできないサイトで買い物をしたくて、親のカードを使っていました。そういう場合も、子供用の口座を開設してデビットカードを作っておけば、子ども自身が自分のお小遣いの範囲内でネットショッピングできます。「審査いらず」ということでこれまでクレカを持てなかった層もVISAカードを作れるのは大きな利点だと思います。

 

三菱東京UFJ銀行への要望

と、ここまで良いところを書きましたが、ここからはMUFG様への要望です。この記事はMUFGの担当の方も読んでくださると思うので声を大にして言いたい。

「キャッシュカードと一体化してください!!!」

 

f:id:sarubobox:20161202211322p:plain

これが私の三菱東京UFJ銀行のカード達。お分かりの通り、キャッシュカードとデビットカードが別々なんです。

 

ねぇ、なんで1枚にしてくれないの??馬鹿なの??

 

…あ、暴言がつい出てしまいました。申し訳ございません。

でもそれくらい切実なんです。なんで1枚にしてくれないんですかね?

(R銀行さんのは1枚なんですけど?!!!)

 

これ、あんまり宣伝されてない気がするんですが、三菱東京UFJ銀行のデビットカードはキャッシュカードとは別のカードです。普通、広告でこういう写真↓みたら、今使っているキャッシュカードがこちらに切り替わると思いませんか?

f:id:sarubobox:20161202212057j:plain

私は完全にそう信じていました。私の10年選手の小汚いキャッシュカードが新品に替わるのだと!

そうではないと気付いたのは、MUFGの支店でデビットカードの手続きを終えようとしたとき。

 窓口のお姉さん 「では数週間で新しいカードがお手元に届きますからね」

 私「古いカードは新しいカードが来たら破棄すればいいんですか?それまでは使えるんですよね?」

 窓口のお姉さん 「(何言ってんだコイツ)… デビットカードが届きますので、キャッシュカードはそのままお使いください

 私「へ・・・・?」

という状況でした。

どうして1枚にしないんですかね?何か理由があるのでしょうか?

2枚もあると、財布のカード入れに入りきらないんですよ!!

こう思うのは私だけじゃないはず!

希望者には2枚のカードを1枚に統合するサービスを始めてください!!!

そしてもっと欲を言えば、

Apple Payに対応していただけると神カードになります!

 

よろしくお願いいたしますm(_ _)m