これで十分。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これで十分。

英語学習と、ミステリと、その他もろもろ。

ハロウィン〜クリスマス間はとてもドラマチック@ロンドン

イギリスの思い出 文化 イギリス文化

[Sponsored Link]
 

数年前ロンドンに滞在していたときの記録です。

ハロウィンについては昨日の記事で書きました。

www.sarubobox.com

 

昨日の記事で引用したコリン・ジョイスさん。ハロウィンは「どうでもいい行事だった」と言っています。そういえば、ロンドンにいた時、ハロウィンが終わったらものすごいスピードで街中がクリスマスムードに変わりました。本当に、11月になったら突然クリスマス・ムードになるんです。それこそ、「ハロウィンなんてとっとと終えて、クリスマスだ!」という感じで。

 

街のショウ・ウィンドウはクリスマス・ショッピング用の飾りつけに。

f:id:sarubobox:20161031203321p:plain

巨大ツリー@セントパンクラス駅。モダンでお洒落なツリーです。

f:id:sarubobox:20161031203416p:plain

メイン・ストリートは漏れなくイルミネーションで華やかになります。

f:id:sarubobox:20161031203339p:plain

通りごとに装飾が違うのが素敵です。

f:id:sarubobox:20161031203357p:plain

 

イギリスではクリスマスが1年で一番のビッグ・イベント。
10月頃からどんどん日が短くなっていき、クリスマスの頃には、夜が一番長くなります。ちなみに、上のストリートの写真はどちらも、午後4時ごろですからね。この時期のロンドンの日の入りは4時半前後、日の出は8時前後です!日照時間がめちゃくちゃ短い!そもそもイギリスの天候は曇りがちで、太陽が出てる時間なんかすごく少ない。「冬季うつ」は深刻な問題なんです。

このような気候の中で、できるだけ夜の時間を明るくするためにクリスマス・イルミネーションをしているのかなと思いました。実際、イルミネーションを見ると気分が上がりましたし。

 

10月から12月までの日照時間の劇的な変化。夜が一番長くなる12月24日の深夜、人々は教会に集まって聖歌を歌い、祈りを捧げます。f:id:sarubobox:20161031204737p:plain

イギリスでは、クリスマスは、2ヶ月間の日照時間の劇的な変化を取り入れた、すごくドラマチックな行事なんです。この気候や季節に会わせて、こういう宗教行事ができているんだなぁ、と深く納得しました。