これで十分。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これで十分。

英語学習と、ミステリと、その他もろもろ。

イギリス英語 発音編

[Sponsored Link]
 

数年前、ロンドンに滞在した時の覚書です。

f:id:sarubobox:20161026181443p:plain

「イギリス英語」と一口に言っても、恐ろしいくらいバリエーションがあります。
イギリスでは、地域によって、階級によって、話す英語が違うんです。

最たる物は発音!

 

多様な母音

母音の発音が辞書と全く違ったりするので、全く聞き取れない場合があります。
例えば face (顔)という単語。
ノーマルの発音は「フェイス」
これが、
「フェース」
「フィアス」
と発音されることがあります。「フィアス」なんて聞いて face の単語を想像できない・・・
イギリスの田舎に行ったとき、バス運転手が言ったのが、
「アイト パウン」
"eight pounds" (8ポンド)のことです。「エイト」が「アイト」と発音されてます。
ネイティブの話す英語が一番難しい・・・

 

r の発音

よく言われるイギリス英語とアメリカ英語の違いですが、母音の後の r を発音するかどうかです。
アメリカ英語では、母音の後の r も必ず発音します。
例えば car (車)なら「カァ〜」と最後巻き舌気味に r を発音。(rhotic /r/ という)
これがイギリス英語では、「カー」と、日本語のカタカナで言ったときと全く同じ感じで r音は発音しない。
そして、アメリカ英語では、r音を発音する方が、より「良い」(prestigious) 英語とされています。
一方イギリスでは、r音を発音するのはあまり良くなく、発音しない方が品が良い、というアメリカと真逆の考え方。
さらに、それぞれの国の中でも両方の発音が存在します。つまり、アメリカでも、r音を発音しない地域があるし、イギリス国内でもr音を発音する地域もある。
わけわからん、という感じです。

 

イントネーションが弱め?

BBCラジオを聞いてて思うのが、イギリス英語はアメリカ英語に比べてとても平板な感じがします。
特に、イントネーションが弱いようで、一文一文の区切りが分かりづらい!
ずっと一つの文がつながっているように聞こえます。
アメリカ英語なら、1文の中でかなり強めにイントネーション(音の高低)があるので、その高低を聞いていると、「あ、ここで1文が終わる」というのを予想して聞けます。
それがイギリス英語だと難しいような・・・
あくまでも私の感覚ですが。

 

 

こちらの記事もどうぞ!

www.sarubobox.com

www.sarubobox.com