これで十分。

これで十分。

英語学習と、ミステリと、その他もろもろ。

イギリスの思い出

イギリスのクリスマスは日本の年越し&正月に似ている

今週末はクリスマスですね。12月は1年の中でも一番好きな月です。クリスマスの飾りが溢れる街の様子も、年末の慌ただしい雰囲気も、「ああ、今年も1年が終わるんだなぁ」と感じさせてくれます。そんなときにいつも思い出すのが、John Lennonの"Happy Xmas"の…

イギリス留学中デビットカードが超便利だったので全力でオススメしてみる

今週のお題その1「VISAデビットをブログで宣伝コンテスト」の応募記事です。 デビットカードの機能説明についてのブログは山ほどあると思うので、私がロンドン留学中にデビットカードを使って便利だったことを中心に書きたいと思います。イギリスでのデビッ…

ロンドンの下町訛り「コックニー」って知ってる?

「イギリス英語」とは? 「イギリス英語 British English」と聞いて思い浮かべるのはどのような英語でしょうか?一番よく耳にするのはBBCニュースですかね。また、イギリス英語は「クイーンズ・イングリッシュ」と呼ばれることもあります。「女王の話す英語…

ロンドン自炊事情:おすすめレシピや手に入る食材など

写真を整理していたら、数年前のロンドン留学時の自炊料理の写真が出てきたので、記録として残しておきたいと思います。今現在海外生活中の方や、これから海外生活を始める方の参考になれば幸いです。写真多めです。 調理器具 学生寮に住んでいたので、キッ…

ポリコレ議論が盛んなので、最高に不謹慎な英国ドラマを紹介する

米国大統領選でまさかのトランプ大勝利という結果に、はてな界隈はポリコレ(ポリティカル・コレクトネス, PC)議論で盛り上がっていますね。ポリコレに関してはアメリカに住む人々の心境や現地の空気は分からないので、いろんな方々の発信した情報を読んで…

ロンドンのスーパー・ダイバーシティ:ロンドン居住者の民族構成について

数年前、ロンドンに留学して最も驚いたのは、多種多様な人種・民族があふれているということです。 ロンドン居住者の民族構成 ロンドンに住んでいる人々のエスニック・グループについて、イギリスの国政調査(2011年)よりデータを抜き出し、グラフにしてみ…

ハロウィン〜クリスマス間はとてもドラマチック@ロンドン

数年前ロンドンに滞在していたときの記録です。 ハロウィンについては昨日の記事で書きました。 www.sarubobox.com 昨日の記事で引用したコリン・ジョイスさん。ハロウィンは「どうでもいい行事だった」と言っています。そういえば、ロンドンにいた時、ハロ…

イギリスのハロウィン事情

数年前、ハロウィンをロンドンで体験しました。 第一印象は、「日本のハロウィンと似ている!」でした。 つまり、「ただ仮装して、はめをはずすイベント」という点で同じなんです。 ロンドンでのハロウィン・ナイト 当時大学院生だったので、ハロウィンの夜…

英語の形容詞を効果的に使えると英会話が捗る

スコットランドの田舎でホームステイをした時のことです。 ホストマザーとホストファザーは70代の老夫婦。B&Bを営み、日本好きのとっても元気な方々でした。 当時は、留学生や移民が多いロンドン暮らし。「生粋のイギリス人」(と書くといろいろ問題ありです…

英国の大学で「最近、何を読んでいるの?」と聞かれたら

What are you reading recently? (最近何読んでる?) 日本でこういう質問をされたら、「村上春樹の新刊読んだよ〜」「今は『小説 君の名は』読んでる」みたいな感じの答えが普通でしょうか。 だけれど、イギリスの大学生の間ではこの質問は別の意味をもっ…

「お客様」は「神様」ではない@イギリス

数年前、イギリス留学生活のなかで最もショックを受けたことの一つ。 サービス業において、「客」は「ただの客」だということです。 日本でよく耳にする言葉。「お客様は神様です」。 お店に対して理不尽な要求をするクレイマーの話や、そのクレイマーに神対…

近くて遠い東アジア ー 韓国人・台湾人と話して面白かったこと

イギリス留学中は東アジアの留学生とも友達になりました。タイやシンガポール、フィリピンから来てる人たちとも仲良くなったけれど、やっぱり感覚が似ているなぁと思ったのは韓国人と台湾人。音楽やテレビドラマ、映画などのポップ・カルチャーはかなり共有…

「春画」に見る翻訳の難しさと面白さ

昨年、東京都文京区の永青文庫で国内初の春画展が開催され、大きな話題になりました。はてなブックマークでも「春画はポルノか芸術か」とか「ゾーニングをどうするか」というような話題が上がっていましたね。来場者数は4ヶ月間で20万人以上と、予想以上の…

ロンドンのフリーペーパーが面白かった

ロンドンの街中にはフリーペーパーがあふれかえっています。だいたい、地下鉄の入り口近くで配ってたり、カートに山積みになってたりします。記事内容が日本のフリーペーパーや新聞と違っていてとても面白い。さすがパパラッチやタブロイド誌の国、という感…

イギリス料理はまずいのか?

イギリス留学をしたと言うと必ず聞かれるこの質問。 「イギリス料理ってまずいんでしょ?」 今日はイギリス料理についての私の感想を書きたいと思います。 まずはイギリス滞在中に食べたイギリス料理の写真をご覧ください。 チキンロースト@ロンドンのパブ…

私の思う「イギリス人」のイメージ

数年前、ロンドンに住んでいた時に感じた「イギリス人」のイメージです。 基本的にシャイである これはよく言われるイギリス人の国民性です。 大学院入学前の語学コースを受けていたときのイギリス人の先生は、「今(8月)からイギリス人と知り合うと、仲良く…

欧米文化圏におけるSmall Talk(雑談)の重要性

small talk 〔親しい間柄での軽い〕おしゃべり、世間話・He is good at small talk, so he makes friends easily. : 彼はおしゃべりが上手なので、すぐに友達をつくれる。・Let's skip the small talk and get straight to the point. : 雑談は抜きにして、…

ロンドンで深夜に鳴り響く怪音。その正体とは

キュイーーン!キュイーーン!キュイーーン!! ロンドンに住んでいる時、何度この不快音を耳にしたでしょうか。それもなぜか夜中ばかり。 その正体は、"Fire Alarm" 火災報知器です! ロンドンは建物が古く、また、江戸時代の長屋作りのように、ひとつなぎ…

私が買った「英語力」ー 英語習得にかかった値段とその価値を検証

今週のお題「それどこ大賞」 「それどこ大賞」に何を書こうかと考えたところ、長期間にわたって一番お金をかけているのが英語学習だと思いあたりました。この機会に今の英語力を得るためにいったいいくら使ったのか、そしてその使ったお金にはその分の価値が…

英国には「薩摩」という食べ物がある

数年前にロンドンに滞在していたときの記録です。 ロンドンで冬が近づくと見かけるようになる食材。 "satsumas" 「サツマ」の複数形です。日本の薩摩です。 さて、どういう食べ物か知っていますか? サツマイモではありません! なんと、これのことです! み…

イギリスのフットボール文化 (2) -応援歌-

前回の記事の続きです。 応援歌(チャンツ)。これが一番楽しめたところです。 野球みたいにトランペットなどの「鳴りもの」がある訳ではないので、人間の声のみです。 これは私が撮った動画。こういう感じなんです。ちょうど前半で1点が入った後の盛り上が…

イギリスのフットボール文化 (1)

数年前、ロンドン滞在中にサッカーの試合を見に行きました。 アーセナルFCの本拠地、エミレーツ・スタジアムです! 対戦カードはアーセナル対ハルシティ。 もともと野球ファンなのでサッカーにはあまり興味がなかったのですが、イギリスと言えばフットボール…

ロンドンの治安と自己責任

数年前、ロンドンに滞在していた時の記録です。 ロンドンは世界的に見れば治安は良い方らしいです。 もちろん日本の治安の良さとは比べ物になりませんが(そもそも日本の治安の良さが突出してるだけ)。 治安が良い方といっても、やっぱり最低限の自己防衛は…

イギリス英語とアメリカ英語 発音編

数年前、ロンドンに滞在していた時に感じたことの記録です。 イギリスに行くまでは、イギリス英語とアメリカ英語の発音の違いってはっきりとは分かりませんでした。「英語」なんだから同じでしょ?という感じ。 ロンドンで生活してみてようやく「あー、これ…

イギリス人は「イギリス英語」を話さない?!

イギリス国内の母語事情について読んだ論文で一番驚いたこと。 それは1995年の調査では、11歳から16歳の少年・少女のうち、少なくとも68%はスタンダード・イングリッシュ(標準英語)を使っていないということ! じゃあ、一体どんな英語を話すのかというと…

イギリス英語 発音編

数年前、ロンドンに滞在した時の覚書です。 「イギリス英語」と一口に言っても、恐ろしいくらいバリエーションがあります。イギリスでは、地域によって、階級によって、話す英語が違うんです。 最たる物は発音! 多様な母音 母音の発音が辞書と全く違ったり…

イギリス英語 現代語編

数年前、ロンドンに滞在してたときに学んだイギリス英語です。 dodgy 「疑わしい」とか「信頼できない」という意味の単語。イギリス英語でのみ使われるそうです。 He is a dodgy person. 「彼は信頼できない。」 I have dodgy knees. 「膝が悪い」という感じ…